ルイヴィトン新しい製品のパッケージデザインを採用し、明るく暖かいオレンジ色が新しい視覚の特色、その独特な色合いと呼ばれる」Safran Imp E rial」ロイヤル橘。は1個半世紀前、」Safran Imp E rial」という独特の色合いはすでに深く印于ブランドの歴史の中で、ルイ・ヴィトン枠蔵館での多くのシンボル的な古典的なデザインにも跡を見つけて、例えばルイ・ヴィトンは1924年をフランス自動車会社シトロエンの1本のアフリカ探検遠徴隊が設計したCitroën旅行固い箱、そして、2015年パリ大御所に行われた『飛行、航行、旅行」展もこれを公式ポスターの主な色調。

濃紺色より早く、1854年から個人用カスタム製品の詳細設計、また、この色でも使われ、ブランドに数十年もの長いリボン。2種類の色調の完璧な組み合わせは、なかなか旅行の黄金時代の懐かしい風、派手なファッションも失わない経典の味わいがある。

新しい包装サイドと内部の少し淡い色合い、更に再演じる自1860年から多く用いられ、ハンドバッグ、トランクや旅行箱取っ手やラベル制作の天然皮革色調。厚い包装紙袋や綿取っ手でもしっかり耐だけでなく、より簡単に折りたたみトランクや旅行袋に入れ。コットンでタブレット式包装のセットの素材と技術革新、もっと便利で耐久性があり、何度も利用性の強い、環境保護にも体現してブランドの追求及び努力。